沿革


会社沿革

1942年 創業時は(株)玉屋の専属加工工場契約と測量機の生産
1943年 日本海軍横須賀技術工廠の加工工場指定、双眼鏡、側距儀の光学部品加工受託
1958年 医科機器の工学系部品生産開始
1962年 レーザー用光学部品の生産開始
1966年 レーザー核融合用硝子レーザー部品生産開始
1967年 第二工場として氷取沢工場新築
1986年 氷取沢工場で真空蒸着薄膜生産開始
1999年 神奈川県優良工場として表彰受賞
2005年 1mΦ用IAD真空蒸着装置を導入、低応力誘電体薄膜を開発・生産・納入経産省より
      同テーマの実用化開発で補助金を交付され実施
2006年 経産省より全国10万社の中小企業から優良300社に選定される
2006年 大阪大学レーザーエネルギー学研究センターより「LFEXフォロントエンド増腹部」の
      開発の業績が認められ貢献賞受賞
2008年 自然科学研究機構 国立天文台・独立行政法人 宇宙航空研究開発機構より
      科学衛星ひのでSOLER-Bの開発に伴うレンズ製作技術が認められ感謝状を授与される
2010年 経産省より「自由非球面試作加工と加工量及び位置決定システムの開発」に対し補助金が
      交付され実施
2011年 平成22年度第2回横浜価値組企業(横浜市)に認定される
2012年 神奈川県より中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認を受ける
2016年 第8回 レーザー学会産業賞(貢献賞)を受賞
.