未来への挑戦



弊社が先端高度技術を追求するのには長い経験から多くの理由があります。

・先端技術を目指す目的は蓄積された多くの加工経験を基本にした新開発技術を高度に波及運用することで課題解決への対応が取ることが大事だと考えています。難しい課題もお客様との対話で先端技術を応用するヒントが生まれそれが実物としてお客様の満足度に貢献できることが多々ありました。

・お客様の製品性能とコストに直接影響する部品の仕様や精度保証は当然ですが、納入後の組立て調整工程の短縮に貢献できる最適工程を考証してご相談させていただくことがあります。

・製品の試作開発は設計上未知な部分があるものです。部品の性能や精度を確保するには使用環境条件、素材選択、加工形状精度、寸法精度、表面粗度、薄膜コーティングの性能や強度など多くのファクターがあります。
全部のテストサンプルをそれぞれの要素で試すには時間と費用が膨大になりかねません。
それを最短、最小で成功していただけるような光学部品のご提案をするために先端技術の実用化に努力しています。

弊社の計測環境と豊富な加工実績と開発力との連動によりお客さまが今まで出来ないと諦めいた部品形状や精度がここでのみ実現されることが多々あると思われます。
.